人の動きや会話

人の動きや会話

美容室に行くとそこにはスタッフの皆さんがいます。美容室では美容師たちが自分が担当するお客さんとペアになっている感じですよね。シャンプーに案内する、席に案内する、椅子に座って施術をする、会計をする、お見送りをする、そいうった場面で常にお客さんとペアになって動く様な感じですよね。そういったペアが何組か合って、美容室の中で動いています。この時の美容師の動きと言うのは、お客さんをせかすような感じではお客さんもいい気はしませんよね。ゆったりとお客さんに合わせる様な感じで動いてくれると気分も落ち着く事でしょう。そしておそらくお客さんがきになるのは、自分を担当してくれている美容師以外のスタッフのみなさんの動きではないでしょうか。特に若いアシスタントたちは、まだまだどう動いて良いのか解らない、といった事も有りバタバタと動いている人もいれば、何をしてよいのか解らない、という雰囲気でボーっと立っている人もいたりします。時には明らかに先輩美容師が若いアシスタントにイライラしている様な雰囲気になっていたりして、そうなるとお客さんも居心地がよくありませんよね。美容室の中では置いてあるものや内装だけではなく、そういったスタッフの動きでも雰囲気が変わってくるものですよね。

 

整理整頓

 

美容室へ行った時にはそんなにお客さんが歩き回ることはありませんが、ふとした時に色々なものが目に入ることがありますよね。そういった時にいかにこの美容室では「キレイに見せよう」とすることに意識を働かせているか、という事を垣間見ることができる瞬間があるように思います。たとえばそれはカラーリング剤などをきれいに一つのディスプレイとして管理している様な美容室です。美容師が使うだけのものですから、見えない所に隠しておいて必要なものだけをその時だけ取り出せばよいような気がします。ですがそれをあえてきれいに並べてお客さんが見える様にディスプレイしている様な美容室も有ります。小さな棚にキレイに並べられた小さな容器がもはやなんらかのアートのように並んでいる様は、その美容室のオシャレ感を十分に感じる事が出来るでしょう。そういう並べ方をしていると、それだけ埃が溜まりやすくなったり、容器の見せ方にもこだわるなら、元に戻す時にはちょっと向きを意識したりしなくてはいけません。それがきちんと出来ていると言う事はスタッフの教育も行き届いている、という事になるのではないでしょうか。スタッフ一人一人が意識的に「キレイに並べよう、汚さない様にしよう」という意識で行動しなければそういったディスプレイにする事は難しいと思われます。

 

PICKUP SITE !!

 

とても働きやすい環境が整っています。
上野駅 美容室 就職 求人
某集客サイトで月間新規700名の実績!
行徳 美容室 求人 スタイリスト