お客さんの気持ちもわかっているか

お客さんの気持ちもわかっているか

美容師、とくにスタイリストと呼ばれるような優れたカット技術を持っているような人ならば、自分が作ったヘアスタイルに対して自信を持っているでしょうし、その人のヘアスタイルに対しては自分が今後も含めて責任を持って作っていきたい、と思っている人が多いと思います。もちろんそのプロ意識は素晴らしいですし、そういう美容師に作ってもらうのはお客さんとしても嬉しい事ですよね。ですがどうしても美容師とお客さんの間の美意識、というものにはずれがあるように思うのです。特に一般的な美容室では美容師としては今後の事も考えて「今回この様にカットしたから次回はこのようにカットしよう」というような先の事も考えた施術をするケースもあると思うのです。だから美容師にとってはその途中でお客さんが自分自身で髪の毛に対して手を加えるようなことなどあってはならないことだと思うんですよね。ですがお客さんにとっては「これぐらいのことでわざわざ美容室の予約を取って行くのは面倒」と思う事もありますし、当然お金がもったいない、と思う人もいます。ついつい自分で気になる所をカットしたりいじってしまう人もいるんですよね。それをいちいち嫌な顔をされる様ではお客さんとしてはやりにくくなってしまいます。

 

カットを自分ですると知ったら美容師はどう思うか

 

いくらメニューに「前髪カット」というものがあったとしても、前髪を切ってもらうためだけに美容師を予約して来店する、というのはちょっと面倒な気がしますよね。前髪ならば少し器用な人なら自分でカットする事も出来ますから、前髪はセルフカットをしている、と言う人は少なくないと思います。ですがその事って美容師にはすぐに判ってしまう事なのでしょうか。おそらく美容師はお客さんが来店までに何か特別な事を髪の施した、と言う事をすぐに見抜いてしまう物だと思われます。それぐらいすぐに気付くぐらいの美容師でなければよくない、とも思いますよね。ですから前髪を自分でカットする、と言う事は美容師の皆さんにとっては不快に思う事なのではないか、と言う心配があります。特にちゃんと前髪カット、と言うメニューが設定されている美容室であれば、前髪をカットしたいのならちゃんと来店すればよいではないか、と思われてしまうかもしれませんよね。前髪に限らず器用な人はサイドの髪の毛でも少し自分で手を加える事が出来る人もいます。ですがそういう事をすると次回美容室へいった時に美容師が嫌な顔をされるのではないか、と言う心配もあるのではないでしょうか。実際に露骨に嫌な顔をする美容師は居ないかもしれませんが、素人に手を加えられる、というのは面白い事ではないかもしれませんよね。

 

注目サイト

 

柏の美容室でアルバイト採用

採用 アルバイト 求人 柏 美容室

武蔵浦和の美容院で新卒求人

武蔵浦和 美容院 新卒 求人