お茶を飲んで色白で綺麗なお肌を目指そう

お茶を飲んで色白で綺麗なお肌を目指そう

お肌が白いって憧れますよね。透明感があって白いお肌は若々しく見えます。これから紫外線が強くなる季節になるので、日焼けをしないで白肌をキープしていきたい所です。そこで毎日飲むお茶で美白効果のあるものを考えてみました。お茶にはビタミンCが含まれているものが多く、ビタミンCはシミを作るメラニン色素の生成を抑える働きがあるのです。ローズヒップティーはワイルドドックローズからとれる実のローズヒップから出来ています。ビタミンCだけではなくビタミンA,B、D,K,Eなども含まれていてビタミン類が豊富です。日焼け予防やシミ予防に効果的なので今の季節から飲み始めると良いと思います。シミが気になるという方はエリカティーがお勧めです。シミの元となるメラニン色素の合成を抑えるアルブチンを含んでいるのでメラニン色素を阻害してくれるのです。ルイボスティーはお肌のアンチエイジングに効果的です。体をさびつかせる活性酸素を取り除く抗酸化作用のあるお茶で肌細胞の老化を防いでくれます。ネトルティーはビタミンや鉄分、カルシウム、マグネシウムなど体にとって必要な栄養素がたくさん含まれていて血液の汚れも綺麗にしてくれます。野菜不足の方にお勧めなお茶です。肌荒れやニキビ予防にも効果があります。毎日の疲れがたまって肌荒れが気になる方にはハトムギ茶がお勧めです。肌のビタミンと言われているビタミンB1やB2,アミノ酸を豊富に含んでいます。老廃物を体の外に出してくれるので体のむくみにも効果的です。お肌の為にも健康の為にも、自分の症状にあったお茶を飲んで綺麗になりましょう。お肌がピカピカだとテンションが上がりますよね。お肌の調子が良いって嬉しいものです。お肌の透明感を上げていくにはどうしたらいいのでしょうか。まず毎日のスキンケアは基本です。自分のお肌の状態にあったスキンケアをしながら、さらにもっと基本のお肌の為の食事面について考えてみました。食事ってお肌の為にとても大事なのです。しっかりと食事をとり、腸を綺麗にしていく事でお肌に透明感も出ますし、ハリやキメも整えられます。お肌に潤いもアップするのです。ですから食事で腸の働きを良くしていきましょう。腸の働きを良くするには食物繊維が必要です。こんにゃくやりんご、みかんや海藻、おくらなどを食べるようにします。食べ物の他にも調味料でも腸内環境を整えていけます。日本で昔から食べられている味噌、醤油、酢、塩などの発酵食品は腸内の環境を整えるのに欠かせないのです。体にとって必要な栄養をしっかり取り入れてくれて、余分なものは排出してくれます。同じく発酵食品の納豆、ぬか漬けなども腸の調子を良くしてくれます。調味料を選ぶ際には裏の成分表をしっかりと確認しましょう。カタカナの食材が記載されている時には添加物で作られている場合があるので効果が期待しづらくなってしまいます。選ぶべき調味料は大豆、お米、塩など漢字で記載されているものが多いです。そして他にも旬の生野菜や果物は豊富な栄養素を含んでいます。季節の食べ物にはその時に見合った栄養がたくさん入っていますので積極的にとっていきましょう。食材を食べる時にはゆっくり沢山かむ事で体への吸収も良くなっていきます。お肌の為に、沢山体に良い食材を食べていきましょう。仙川の美容院