似合うヘアスタイルの手引き

似合うヘアスタイルの手引き

最近よく「似合うヘアスタイル」とか「似合わせ」という言葉を良く聞きます。自分に似合うヘアスタイルを提案してもらったり、似合うヘアスタイルを探す、という事を話題になっているんですね。ですが実際にそういう勉強をした人や美容師にお願いした人の中でその結果に満足した人はどの程度いるのでしょうか。おそらく100%ではないと思われます。それはなぜかと言うと、似合うヘアスタイルと言うのを考える時にほとんどの場合にはその人の「顔の形」だけで判断しているからではないのでしょうか。多くの判断材料は、自分がどんな顔の形でなのか、という事だと思うのです。一般的には卵型と呼ばれる顔の形が理想的である、とされていて、いかに自分の顔の形が卵型に見えるように近づけるか、という事を基準に似合うヘアスタイルが選ばれていると思うのです。たとえば面長の人はできるだけ顔の長さが目立たない様なヘアスタイルにするといった感じです。似合うスタイルを選ぶ、というよりは欠点を補修する、という考えかたに近いのかもしれません。ではそんなに卵型以外の顔の形、というのは卵型の顔立ちに劣るのでしょうか。そもそも人の個性を欠点とか補修すべき点、と位置づけること自体に違和感を感じる事がありますよね。美容室でヘアスタイルとオーダーする時には本当に悩むものですよね。おそらく多くの人がどんなに自分で研究して美容室へいったり、十分に美容師さんのカウンセリングを受けて納得していたとしても、その仕上がり「なんか違うなあ」とか「ちょっとしっくりこないなあ」と言うようなもやもやした気持ちで終わってしまった事があるのではないでしょうか。本当に自分にベストなヘアスタイルを選ぶこと、そしてそれを実現させること、というのはとても難しいものです。専門家の人でもヘアスタイルはメイクよりも難しい、という人がいるぐらいです。どうしてそんなに難しいのか、というと、まずは「選ぶことが難しい」と言う事と、それにプラスして「実際には出来ない事が多いから」と言う事ではないでしょうか。どうして出来ないのか、というとそれは美容師が悪い、という話ではなくて、実際に自分が憧れるヘアスタイルを目にした時、その時にはほとんどのケースでそのヘアスタイルにはそのヘアスタイルをしている人の顔があるわけで、その顔だから、その人だから、そのヘアスタイルがしっくりきている事がほとんどなんですね。それを自分の顔に当てはめた時に、似合うかどうか、という事を判断するのが本当に難しいんですよね。溝の口の美容院