寝る時の姿勢

寝る時の姿勢

できるだけ寝ぐせがつかないようにするためには、寝る時に姿勢と言うのもかなり影響しているようです。そんな事を言われても自分がどのような体勢で寝ているか、なんてことを検証するのはかなり難しいですよね。せっかくドライヤーで完璧に乾かしてきれいに整えて布団に入ったとしても、その後の寝相の悪さで寝ぐせがついてしまうのでは、それまでの努力が無駄になってしまう、と残念に思う結果になってしまいます。ですからそこで出来る努力としては、寝相が悪くなる、つまり寝返りの回数を減らす事を考えるのが良いと言う事になります。寝返りが全く必要ない、という状況はなかなかあり得ないのですが、寝苦しいとどうしても寝返りの回数が増えてしまうのは、みなさん経験がることだと思います。寝苦しい、という時には寝返りの回数が自然と増えています。ですからそういう状況をできるだけ防ぐ、という事が寝ぐせ対策にもなるんですね。寝返りの回数が多い、頭を動かす事が多い、という事は髪の毛が枕や布団にこすりつけられている回数が増えることになるので、髪の毛の摩擦を考えても良い事ではありません。すくなくとも布団に入って意識があるうちは仰向けに寝る週間を付けてみてはどうでしょうか。できるだけ寝心地の良い環境を整える事が寝ぐせ防止につながるようです。寝ぐせを付けないように寝るためには、できるだけ頭を動かさないような睡眠をとることが大切になってきます。頭を動かしてしまうのは、なんとなくその頭の位置では寝苦しいからどうしても無意識のうちに心地のよい頭の置き場所を求めて動かしてしまうんでしょうね。ですからそこで大切になってくるのは枕だと思われます。枕と自分の頭の置き場所がマッチしていると、そんなに頭を動かさなくても心地よく眠れるのではないでしょうか。そこで良いとされているのが低反発の枕です。低反発枕は頭にフィットしやすいので、あまり頭を動かすことなく眠れると言われています。もちろん低反発なら何でもよい、というわけではなく、首の位置とか頭の高さなども自分に合ったものを選ぶことが必要となりますが、低反発枕であれば、自分の首や頭の形に合わせてくれる性質があるので、フィットしやすいんですね。寝ぐせがひどい、という人は一度試してみる価値はありそうです。特に今は高反発の枕を使っている、という人は一度変えてみるとよいのではないでしょうか。枕と寝ぐせが関係あるなんてちょっと不思議な気がしますが、寝心地が悪くて寝ている間にかなり頭於動かしてしまう人ほど、寝癖になりやすい、というのは納得できますよね。綱島の美容院