悩みを受けとめてほしい

悩みを受けとめてほしい

美容師の皆さんは髪の毛やヘアスタイルのプロですから、その人の髪に触ったりその人が来店した時のヘアスタイルの様子を見ると、その人がどんな髪質だったりどんな好みやセンスの人なのか、と言う事は大体察しが付くのだと思います。ですが私達素人にとっては日々自分の髪の毛に対して困っている事、悩んでいる事が素人なりにあるんですよね。プロの皆さんにとっては直ぐに解決策が思い浮かぶことなので大したことではないのかもしれませんが、私達にとっては細かい事でも日々のスタイリングで悩まされる事は結構あるんですよね。たとえばいつも同じ部分が跳ねてしまう、というような悩みも多いと思います。他にも良くある所では湿度が高い日にはアホ毛が目立つ、と言うような事も有りますね。美容師にとってはどうしてそうなるのか、と言う事が解っているのでその対処法も良く知っている事なのだと思うのですが、私達にとっては日々のスタイリングがその為に上手くいかないのは大問題です。それを解決してほしい、と思うのは当然のことなんですよね。ですがそういう細かい悩みを美容師に打ち明けてもあまり相手にされない事が良くあるような気がします。私が悩んでいるのだから、その悩みに寄り添ってほしい、と思っているお客さんは多いのではないでしょうか。

 

常連ならではの悩み

 

美容室と言う所は、お客さんがその美容室や担当美容師の事を気に入ると、そのままずっとその美容室に通い、同じ美容師を指名するようになるのが普通ですよね。そういった関係になることが出来るのはそんなに容易い事ではなくそうやっていわゆる「常連」と言うポジションのお客さんになるには、当然美容室側の努力も必要です。客の方にしてみれば、自分の好みの美容師に出会えるようにと、色々と下調べをしたりして何度も期待しながら新しい美容師との出会いを求めている訳です。なかなか常連になれずに常に新しい美容室を探し求めている人の事を美容室難民とか美容室ジプシーなどと呼んでいたりするようです。ですからそういう人にとっては「自分のお気に入りの美容師がいるのは羨ましい」と思っていると思うのですが、常連となるとそれはそれで新たな悩みがでてくるようです。それは美容室側の「常連さんだから大丈夫」と言う安心感や油断から出て来るものだと思われます。客にとっては常に自分の事を大切にしてほしい、と思っているのにお店側としたら「あの人は良く解ってくれているから大丈夫」と言う気持ちがあり、だんだんと扱いが粗雑になってくるケースが多いのです。お客さんにしてみれば「これまでお世話になっているのに、こんな事で文句を言うのは申し訳ない」などと思ってしまって、関係が危ぶまれ始める事もあるようです。

 

Pick up Site !!

 

町田で転職・独立

就職 独立 求人 町田

美容師の独立転職なら横浜で

就職 独立 求人 横浜

表参道で独立を夢見る

就職 独立 求人 表参道