こだわりを持っている人

こだわりを持っている人

美容師の皆さんは「美しさのプロ」と言っても良いかもしれません。ですからお客さんに対して「美意識が高い人かどうか」と言う事は直ぐに見抜かれてしまいそうな気がしますよね。美容師の皆さんにとってすぐに「美意識が高い」と感じる人と言うのは、何かこだわりを持っている事が解る人である、という話もあるようです。身にまとっているものやヘアスタイルが単純に流行っているものではない、という事を感じるようですね。美容師の皆さんは、特に都心の美容室の激戦区や有名人やセレブが多く通うような美容室だと、一般的に「美意識が高い人が通う美容室」という感じになっているかもしれませんが、そんな中でもオシャレには見えるが美意識が高いとは言えない人もいるようです。同じ芸能人やもでるでも、プライベートで訪れている時にはそういう瞳にラレル職業だとは気付かないような人もいるようですね。それぞれの美意識があるので一概には言えいませんがやはりプロの美容師には「何かしら人とは違う雰囲気を感じる」事があるようです。やはり美容師だとそういう事を感じるアンテナがすぐに働くのでしょうね。ただ流行を追っているだけの人は、どんなに有名な美容室に通っていても、「この美容室に通っている」と言う事をおしゃれとしているだけで、自信の美意識が高い事とは少し異なる人もいるようです。美意識、という言葉を辞書で引くと「美を感じ理解する心の働き」というような言葉が出てきます。「芸術や自然の美を味わう時に働く意識」という様にも表現されています。つまり「美しい」「キレイだ」と感じる心の動きと言う事になるのでしょうけれども、オシャレや美容に関して言えば、一般的には「美しさを追求する気持ち」という感じで使われている様な気がしますね。「美意識が高い人」とは「キレイになろうとする意識が高い人」と言う感じで使われている事が殆どではないでしょうか。そしてその美意識の高い人、といえば美容師を思い浮かべてしまいませんか?美容室自体がそもそも「ヘアスタイルを整える」つまり「キレイになるために行く場所」なのですから、そこで働きお客さんに「キレイ」を指南する美容師が美意識が低いのは困りますよね。おそらく美容師の皆さんもお客さんの手本となれるように常に自分を最大限にキレイに、素敵に見せる様に努力している人たちなのだと思います。そんな美容師に憧れて来店するお客さんも少なくないでしょう。そんな美容師の皆さんから見て、お客さんの美意識というのは一目瞭然で見抜けるものなのでしょうか。美容室は確かにキレイになるために行くところではありますが、「ヘアスタイルが恥ずかしくない程度に整っていればいい」というお客さんもいるものですよね。綱島にある美容院