毛穴の黒ずみ問題、どうやって解決すればいいの?

毛穴の黒ずみ問題、どうやって解決すればいいの?

毛穴の黒ずみは角栓が大きな原因となります。角栓について詳しく知らないという人も多いかもしれません。皮脂だと思っている人もいれば角質との違いについてわからないという人もいるかもしれません。角栓というのは皮脂と角質が混じったものです。単純に混じっているわけではなく比率として70%は角質といわれています。角質というのは肌表面を覆っているバリアのような働きを持ち、古くなって死んだ細胞の塊です。つまり元はタンパク質というわけです。角栓は皮脂と角質が混じったものですが、皮脂は脂です。タンパク質と脂が混じっている状態のため酸化しやすく黒く変色します。これが黒ずみの原因となるわけです。では黒ずみの問題を解決するためには角栓を問い除けばいいのかと思いますが、それが簡単ではありません。角栓の主成分はタンパク質のためクレンジングや洗顔料ではなかなか落ちませんし、お風呂で体を洗っても落ちてはくれないのです。角栓を取り除く主な方法はピーリングがあります。ピーリングは角質ケアに使われるため、角質が主成分となっている角栓にも効果があります。指で押し出す方法もありますが、優しく行うことが条件になります。指の腹で優しく押し出し爪を立てないようにしましょう。パックで剥がす方法もありますが、肌への刺激が強く角栓を取り除けてもシミの原因となる可能性があります。角栓を取り除くときには肌を傷つけないように注意して行うようにすることで黒ずみの悩みも解決できますよ。毛穴の目立ちで悩んでいる人はたくさんいますが、毛穴の対策方法は様々なにあり、自分の毛穴がどんな風に目立っているのか調べてから対策を立てないと間違ってケアをしてしまうことになります。間違ったケアは毛穴問題以外の肌トラブルを引き起こしてしまうため、自分の毛穴の状態に合わせた方法で対策を立てていきましょう。毛穴の悩みでよく聞くのが黒ずみ、肌の凹凸、ざらざらしている、毛穴が大きい、黒ずんでいるわけではないが薄く色づき気になるといったものがあります。黒ずみの原因は角栓です。角栓とは皮脂と角質が混じったもので、ピーリングが代表的な落とし方です。肌が凸凹している悩みはニキビが原因の可能性が高いです。特にニキビをつぶしてできてしまったニキビ跡が顔に凹凸を作ってしまうためニキビはつぶさないように注意しましょう。肌がざらざらしている悩みは毛穴に詰まった皮脂が関係しています。皮脂が詰まった肌はアクネ菌が繁殖しニキビができやすくなります。放置せずにニキビができないようにしていきましょう。毛穴の大きさですが、これは遺伝による影響が強いです。皮脂腺の発達は男性ホルモンの影響を強く受けるため男性に多い悩みです。ただ毛穴の大きさで目立ってしまうことには皮脂などが影響しているため丁寧な肌ケアで毛穴対策ができます。黒ずんではいないけど毛穴の色が気になるというのは黒ずみの初期段階かもしれません。早めにケアすることで黒ずみを防ぐことができますよ。ヘアサロン 弘明寺駅 美容院 パーマ トリートメント おすすめ メンズ