女性美容師目当ての男性客

女性美容師目当ての男性客

美容室において男性客が増加してくると、それまで少し女性客に遠慮していた男性客も堂々としてくるようになりました。当然それによって美容室の雰囲気も変化してきます。そうなってくると美容室はその対応にも追われる様になります。男性客の中には、ヘアスタイルにこだわりがある、とか、この美容師さんなら腕が良いから指名したい、という人たちばかりではなく、単純に女性美容師を目当てにして美容室に来るような人も出てきます。美容室にとっては難しいところですよね。そういうお客さんと言うのはおそらく美容室のスタッフにしてみれば一目瞭然なのですが、そうはいってもお客さまですから無下にお断りするわけにもいかないものでしょう。そういう男性がこれまで女性の世界だったので敷居が高かった場所に簡単に出入りできるようになってしまうと、どうしてもこのような問題が起きてくるものですよね。ですがこうやって男性客が増えてきた背景には、逆に男性美容師が増えてきた事も影響していたと思われます。男性客の多くは同性である男性美容師を指名する事が多いですし、どの美容室でも男性美容師が常駐している事が珍しくなくなりました。そういう環境が出来てくると、あからさまに女性美容師目当てで女性美容師を指名するお客さんも、なかなかそうは出来なくなってきたのではないでしょうか。みなさんは一度は美容室からのダイレクトメールを受け取った事があると思います。美容室に限らず何らかの折に住所や名前を登録してしまったお店や会社からは、よくDMが届きます。そんなDMをみなさんは、どのように扱っているでしょうか。それらのDMのうちどれぐらいの物を手元に残して、それを活用したりしますか?おそらく多くのDMが、開封された直後に不要なものとして扱われているのではないでしょうか。目を通す事はあっても、そのまま不要だと即時に判断してしまうのは、どうしてなのでしょうか?逆にそのDMを手に取ってじっくり読んで保管しておこう、と思えるのはどのような内容のDMなのでしょうか。美容室をはじめとする店舗や会社のDMを送る側としたら、それはかなりの経費かけて制作や発想をしているはずなんですね。それなのに「要らないもの」とすぐに判断されてしまうのは、残念なだけではなく、お店としてはかなりの損失と言えるかもしれません。どのようなDMなら手に取って喜んでもらえたり集客の効果があるのでしょうか。一方的に送られてくるDMは、どのような扱いを受けているのかという事は、送り主にその様子が伝わる事はありません。その効果が実感できるのは、その後の集客数の変動でしかありません。人に喜ばれるDMを作るためにはかなりの検証が必要だと思われます。ヘアサロン 相模大野駅 美容院 パーマ 縮毛矯正 ランキング 人気