冷やご飯はダイエットに効果的

冷やご飯はダイエットに効果的

ダイエットに冷やご飯が効くって知っていますか?そもそもご飯は炭水化物なのでダイエットに向いていないように思えますよね。でも取り方を工夫すれば大丈夫なのです。ご飯は温度が下がると、お米のでんぷん質がレジスタントスターチという消化吸収しにくい成分に変化するのです。レジスタントスターチは食物繊維に似た働きをするので糖や脂肪の吸収を抑制して腸内環境を整えてくれる効果があり、空腹を感じにくくしてくれるのです。ダイエットをしたい人にはとても嬉しい効果ですよね。カロリーも低く、温かいご飯は1グラムあたり4カロリーあるのに対し、冷やご飯は1グラムあたり0,5キロカロリーなのです。温かいご飯は体内ですぐに消化吸収されてしまうので脂肪になりやすいのですが、ご飯を冷やすだけで消化吸収を抑えられて脂肪になりにくくなるという事なのです。冷やご飯は常温で時間をかけて冷やすようにすると良いです。冷やご飯にした時になる消化吸収されにくいレジスタントスターチという成分は炊いたご飯をゆっくり冷やした時にお米のでんぷん質が変化して生成されます。ですからご飯を冷凍したりせず、そのまま常温で覚まして食べましょう。冷やご飯を食べる時にはゆっくりかみながら食べると満腹中枢も刺激されやすくなり、満腹感を感じやすくなります。血糖値も上がりにくいので冷やご飯はダイエットに向いているのです。三食のうち一食でも冷ご飯に変えてみるといいかもしれないですね。ダイエットをする上で「綺麗に痩せる」というのはとても大事な事です。ただ痩せて骨っぽくなってしまっていたり、顔がやつれて老けて見えるようになってしまっては意味がありません。体は女性らしいラインで締まる所は締まっている、顔も痩せてもシワなどもなくツヤツヤで健康的だというのが理想的ですよね。そんな体になれる為にはどうしたらいいのでしょうか。現代、特に女性はタンパク質が足りていないと言われています。タンパク質は臓器や筋肉、皮膚や爪など体を作る上で欠かせない栄養素です。体の20%はタンパク質で出来ています。タンパク質は血液の正常化や免疫力も高めてくれますし、細胞を作る、生活習慣病の予防や貧血の予防まで幅広く対応してくれています。タンパク質には動物性と植物性のものがあり、動物性たんぱく質には人が生きる為に大事な必須アミノ酸がバランスよく含まれています。植物性たんぱく質は血中のコレステロール値を減らし体脂肪の蓄積を抑えてくれる効果があるのです。タンパク質をしっかりとるようにすると筋肉量を減らさないでダイエットが出来るので、食べてもきちんと脂肪燃焼される体になれます。ただ細いだけという体にならなくて済みますし、ダイエット中もお肌の状態が良いというように健康的に痩せられるのです。綺麗に痩せたい方は普段の食事の中でお肉、お魚や卵、納豆などを積極的に取り入れてタンパク質をしっかりととるようにしましょう。https://beauty.hotpepper.jp/slnH000379551美容室 鶴瀬 美容院 パーマ トリートメント クーポン ランキング