人として常識的に

人として常識的に

美容室と言う所は、単純にお客さんが美容師に髪を切ってもらってその対価を支払う、という場所であるだけではなく、美容師とお客さんが信頼関係を築く場所である、ともいえると思うのです。もちろんそんな事は気にしない、というお客さんもいるかもしれませんが、美容師の方はよほどのことが無い限り、一度来てくれたお客さんに対しては次回も来店してもらう事を期待していると思いますし、そのためにそのお客さんが来店した時には最善を尽くしてくれていると思うのです。ですからそこでお客さんの方が人として非常識な事をしていると、美容師の方の気持ちも萎えてしまいます。それは結果的にはその時の施術の出来栄えに影響すると思われます。美容師が気持ち良く仕事ができる状況にあることは、それだけお客さんにとっても良い結果をもたらす、と言えます。ですからお客さんの方もとりあえずは美容師さんに対して人として常識的な振舞いをする方が良いと思われます。とんでもない振舞いをする美容師は滅多にいません。お客さんの方が美容師に常識的な気遣いをする事で、まずは良好な信頼関係を持つことが出来ます。どちらかが横暴なふるまいをすれば、そこでその関係は壊れてしまいます。美容師と良い関係を築くことは、これからの自分のヘアスタイルを左右する事になる、という事を胸に留めておくとよいですね。自分の髪の毛がひどいダメージケアであることを自覚している人は、美容室でもその事をきちんと申告する事が大切ですし、美容室でさらに痛みが激しくならない様にすることが大切です。もちろんきちんとした美容師であれば一目見てその人がダメージケアであることをが解ると思いますが、お客さんがそのダメージの程度を正確に把握していない場合、お客さん自らがさらなるダメージを招く様なヘアスタイルを希望する事も有ります。美容師としては「本当ならやめた方が良いのに」と思っていても、お客さんが強く希望すれば逆らえない場合もあるでしょう。パーマやカラーリングでは良くそのような事があるようですが、できるだけダメージを抑えるための特別なトリートメントなどや料金もかさみますから、お客さんによっては断る人もいるようです。ですから肝心なのはお客さん自身が「自分の髪の毛はダメージケアで美容師のアドバイスはきちんと聞くべきなのだ」という自覚を持っておくことなんですね。そうでなければダメージケアを助長してしまうようなオーダーをして美容師のアドバイスを無視してしまうと、当然ダメージは広がってしまいます。それをまた美容師のせいにしてしまうお客さんも少なくない様で、美容師との信頼関係にも影響してくるようです。栄の美容院