普通肌のニキビ対策について

普通肌のニキビ対策について

ニキビは肌の質によってケアの方法が違ってきますし、治りやすさにも違いができてきます。一番ニキビに悩まされない肌質は普通肌でしょう。水分と油分のバランスがいい状態の肌なら余計な皮脂が毛穴に詰まるなんてこともありませんし、水分が少ないわけでもありませんので肌は柔らかく角質がたまりにくくなります。一見すると普通肌ならニキビができないのかと思うかもしれませんが、実際には普通肌でもニキビはできますし、なかなか治り難かったりもします。季節や環境が変わると肌のタイプが変わってしまい、乾燥性普通肌や脂性普通肌なんて呼ばれ方もします。洗顔料の選び方も間違えていると普通肌は影響を受けてしまい、肌の質を変えてしまうこともあります。普通肌だからこそ正しくスキンケアを行う必要がありますし、ちょっとした肌の変化を気づいて、それに合わせたケアの方法を選んでいくようにしましょう。スキンケアで必要となるクレンジングはオイルタイプは使わずにクリームタイプを使います。洗顔料は弱アルカリ性を使ってしっかりと汚れを落としましょう。化粧水はしっとりしたものを選び、クリームや美容液は使いすぎに注意します。スキンケアに必要な注意点だけでも細かく決まっているので、普通肌でも正しくスキンケアをおこなえていなければニキビに悩まされることになります。もしも自分の肌に合ったスキンケアを行っていないとわかったときにはすぐに今の方法を見直して正しくケアをしていくようにしてください。