腸内環境の正常化を目指そう

腸内環境の正常化を目指そう

腸内環境って最近よく聞きますよね。現代の生活では腸内環境は乱れがちだそうです。腸内環境ってどうやって整えていけばいいのでしょうか。まず腸内環境が整うと快便になり風邪や病気にかかりにくくなる、アレルギー症状が軽くなるなどの効果が見込めます。健康になっていく為に腸内環境を整える事はとても大事なのです。また食べ物の消化、吸収も良くなるので栄養を体に取り入れやすくなります。これによって肌荒れの改善、太りにくくなる、ストレスの改善の効果も得られるのです。良い事ばかりですよね?では腸内環境はどうして乱れてしまうのでしょうか。まず一番の原因は食生活の乱れです。他にも睡眠不足、ストレスも良くありません。運動不足も腸内環境の悪化を招きます。腸内環境を良くしたいのなら便秘にならない体作りの為に食べるものを見直しましょう。乳酸菌を多く含む食材や、オリゴ糖を多く含む食材(ヨーグルト、バナナ、はちみつ、ゴボウ、玉ねぎなど)を多くとり便通を良くしていきます。肉類や揚げ物など動物性のタンパク質や脂質は腸内環境の正常化に逆効果なので腸を元気にしたい時には少し控えた方がよさそうです。そして睡眠をしっかりとり、自律神経を整えるようにしましょう。そうする事でストレスも軽減されます。心を静めて休む時間を作っていく事は腸にとってはとても大事な事なのです。そして毎日なるべく歩くようにしたり、階段を使ったりと運動をする時間を作りましょう。体を動かす事で毎日の睡眠の質も上がります。元気な腸になれるように出来る事からやっていきましょう。今成人女性の3人に1人は鉄分不足と言われています。鉄分は生きていく為に大事な栄養素なのできちんと取っていかなくてはなりません。そこでただ鉄分をとるだけではなく、効果的に摂取するにはどうしたら良いのか考えてみました。鉄分はヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。非ヘム鉄は小松菜やプルーンなど植物性のものに含まれている鉄です。ですが体への吸収率が低く、鉄不足の改善を見込むには足りません。もう一つのヘム鉄はレバーや煮干しなどに入っていて動物性の鉄です。こちらは非ヘム鉄に比べて5倍程体に吸収されやすいと言われています。鉄不足を補いたい時には動物性のヘム鉄をとっていきましょう。ただ組み合わせ方によっては非ヘム鉄でも体への吸収率を上げる事が出来ます。ほうれん草や小松菜、海藻などに含まれている非ヘム鉄をとる時には一緒にビタミンCやタンパク質を食べるようにすると吸収率が上がり効率的に鉄分を摂取できます。簡単に鉄分を摂取したいという方、すでに貧血気味な方はヘム徹をしっかりととっていく為に豚レバーや鶏レバーを食べましょう。レバーが苦手という方にはあさりなどの貝類、煮干しなどがお勧めです。鉄分は食材の組み合わせ次第で体への吸収率がとても変わってくるので毎日の食事を自炊にすると摂取しやすいと思います。主食をお米にする事で、自然とお米に合うおかずに鉄分が多く含まれていますので毎日の食事のバランスを考えながら効果的に鉄分をとっていきましょう。三宿でマツエク