美容師に伝えるべきことをまとめる

美容師に伝えるべきことをまとめる

美容室へ行って美容師と話す内容はカウンセリング以外では単なるおしゃべり、という人が多いと思うのですが、実は私たちが美容師の皆さんに伝えるべきことがあるんですね。それは自分の髪の毛やヘアスタイルについてです。自分はどんなことでこれまで悩んで来たか、普段のヘアケアはどのようにしているか、スタイリングにかける事の出来る時間はどのぐらいか、どのぐらいの頻度でパーマやカラーをして来たか、これまで失敗したと思った施術はどのようなものだったか、普段はどのようなヘアアレンジをしているのか、というような事です。こういう情報があると美容師の皆さんはとても助かると思うのです。たとえばとてもダメージの強い髪の毛を見た時に美容師は「傷んでいますね」とはいうかもしれませんが、お客さんから離さない限りその痛みについて根掘り葉掘り質問する事はあまり無いと思います。お客さんに対して失礼になる事もあるからです。ですがその痛みの原因が何なのか、という事を実は知りたいと思っているはずです。それによってこれ以上のダメージを与えないような対処法を提案できるかもしれません。ですがお客さんからの情報が無ければその対応が出来ない事もあります。美容師は髪の毛のプロです。髪の悩みは正直に美容師に話す方が良いですね。美容師の方々が一番慎重になるのは、実際に髪の毛をカットしたりロッドを巻いたり、という事よりもカウンセリングだと思われます。なぜならこのカウンセリングでお客さんの要望を正確に把握しなくては、せっかく作ったヘアスタイルでもお客さんを満足させることが出来ない可能性があるからです。このカウンセリングでお客さんの要望、それに近づけるための美容師からの提案をきちんと把握しなくてはいけません。そのためには話術や聞く力、お客さんの好みや表現方法を正確にキャッチしなくてはならないのです。逆に言えばお客さんはここではっきりと美容師になりたいスタイルを伝えられるかどうかが、その日の施術に満足できるかどうかが決まると言っても良い訳です。おそらく美容師が一番困るのは、この時お客さんの意思が解らない、という事ではないでしょうか。どうなりたいかをはっきりと示してくれるお客さんが一番助かると思います。あとはプロの目から見てすこしアレンジした方が良い事や辞めておいた方が良い事を伝えて最良の妥協点をお客さんと見つければよいわけですからね。ですがお客さんがどうしたいのかが分からなければ話ができません。いっそ「お任せします」と言われた方が良い、と思うかもしれませんね。吉田の美容院