美容師の使うハサミの値段

美容師の使うハサミの値段

美容師が使っているハサミ、というのはどのぐらいの値段がするものなのでしょうか。この質問も一般の人が興味がある質問の様です。これは言ってしまえば「ピンキリである」というのが本当の所の様です。一丁が一万円ぐらいのものまれば、40〜50万円するハサミもあるようです。どれぐらいのレベルのハサミを使うのか、というのは美容師個人の状況にもよるでしょう。何十万もするハサミが今の自分に必要か、という事も若い美容師なら考えるべきところでしょう。実際にそんな値段のするハサミを自分の給料で買う事が出来るか、という問題もあるでしょう。また美容室によっては先輩方がどんなハサミを使っているか、という事もあるでしょう。先輩を差し置いてものすごく高価なハサミを使う、というのもちょっと美容室の雰囲気を悪くしてしまうかもしれませんしね。逆に「弘法筆を選ばず」という考え方も有ります。テクニックのある美容師なら、ハサミがどうであれ上手くカットをする事が出来る、という事ですよね。実際に数万円の安いハサミを使っているベテラン美容師もいます。もっともそのような美容師はそれぐらいの値段のハサミを使い捨て間隔で使っていて、しょっちゅう買い換えている、という美容師が多いようですけどもね。よく美容師に聞いてみたい事、という質問の中に、「美容師が使っているハサミは自分のものなのか、自腹なのか?」という質問があるようです。確かにカッコよいハサミをシザーケースに入れて仕事をしている美容師の姿はカッコいいものですよね。使っているハサミもなんとなくカッコよく見えるものです。そのハサミは美容室が用意してくれるものなのか、自分で用意しているものなのか、というのは気になります。多くの美容師の回答は「自腹である」と言う事の様です。自腹ではない、と答えた美容師の中には、美容室が半額ぐらい負担してくれる、という所が多い様で、全て美容室が用意してくれて費用は美容室持ちであるというケースはあまり無いようですね。ですが自腹だから、という事に不満を持っている美容師もそんなにはいないようです。それは美容室が一部負担する美容室では、多くの場合ハサミのメーカーが限られている様なんですね。要するに美容室に出入りするメーカーと美容室が結託していて、そこで買わざるを得ない、という状況が出来ているケースが多い様なんですね。美容師個人としたらやはり自分で使う道具は自分で選びたい、というのが本音のところかもしれませんが、半額負担してくれる、となると心が揺れる美容師もいるかもしれませんね。門前仲町 美容院