美意識が現れる服装や持ち物

美意識が現れる服装や持ち物

美容室では来店したお客さんの美意識の高さ、というのは美容師からみたらその人が持っているカバンやファッション小物、服装などからだいたい判断できるようです。それはけっして値段の高いものを身に付けている、という事ではなく、それほどのものではなくてもカバンならきちんと手入れが行き届いている、とか、服装ならしわやほこりがきちんと除去されているか、などですね。簡単に言えば「キレイに見せようとしているか」と言う事ですね。それは日頃からそのような心がけが無いと、なかなか外出するからと言って急に出来る事ではありませんね。「まあ、いいや」「見えないだろう」「誰も見ないだろう」といった意識を日頃からいしているにとはいざという時にもなんらかのほころびが見えてしまうもののようです。美容室では美容師は髪の毛のプロですから、その人が日頃どれぐらい髪の毛の手入れにこだわっているか、という事も一目瞭然となるようです。少しでもヘアスタイルをキレイに見せようとする人はもちろんですが、髪の毛自体を大切にしようとしているかどうか、という事でその人の美意識が測れるということではないでしょうか。イケメンの美容師に担当してもらうのだから今日はきれいにして行こう、という感じでは日頃のケアはすぐにばれてしまいそうですね。美容師にとってお客さんの美意識というのは仕事の関係してくるのでしょうか。美容室はそもそもキレイになるために来るところですから、美容師の皆さんは少しでも来店したお客さんをキレイにしてあげよう、と思っているはずです。それなのにお客さんの方が極端に言えばまるでキレイになろうとする気持ちが無い、となれば美容師の方では確かにやる気が失せてしまうような事もあるかもしれませんね。ただ切ってもらえばいい、染めてもらえばいい、という人であれば美容師もそれなりの施術で済ませてしまおう、という気持ちになってしまうかもしれません。もちろん仕事ですしお客さんを平等に扱わなくてはいけませんから、その様な事で手を抜く美容師もいないと思いますけれども、仕事をする上での気持ちの張りのようなものは違って来ても当然でしょう。逆に美意識の高い人、美しくなる事に努力をしている人なら何とか手助けをしてあげたい、という気持ちになるのも当然ですね。自分の持ちあわせている知識やテクニックで持ってお客さんの願いをかなえてあげることこそが、美容師の仕事でありやりがいを感じるところではないでしょうか。おそらく美意識の高いお客さんであれば、美容師の些細な心遣いやテクニックに関しても気付いて喜んでくれるのではないでしょうか。美容室 ヘアサロン 二子玉川 カット カラー パーマ 口コミ おすすめ