アシスタントの苦難

アシスタントの苦難

美容室で働く中で「アシスタント時代は過酷である」という話は良く聞きますよね。実際には何がどんなに過酷なのでしょうか。一番良く言われているのは労働時間が長い、という事でしょう。ですが労働時間と言うのは一応法律でも定められている訳ですし、そんなに長時間営業している美容室は有りませんよね。ここで言う労働時間と言うのは練習時間なども含めた仕事のための拘束時間である、と思われます。練習もキリの良いところでなければ終わることはできませんし、教えてくれる先輩がいなければ見てもらえない、という事も有ります。そしてそうやって仕事の為にかなりの時間美容室にいるにもかかわらず、給料がそれに見合っているとは感じられない人が多いようです。同じ年齢で一般的な企業などで働いている人に比べると給料が安いと言うのはよく言われている所でしょう。また拘束時間が長いうえに、食事や休憩もままならない、という現場の状況があります。営業中であればお客さんが途切れたすきに交代で昼食をとるしかありません。アシスタントの立場からすると、それも先輩方が優先となるかもしれません。それに加えて自分の練習は閉店後となります。指導してくれる人と時間を合わせて、となると思う様に見てもらえず夜遅くまでの練習となることも多いようです。これに加えて手荒れをする体質であれば、それも「過酷」と言えるかもしれません。美容師の離職率が高くなる原因の一つは、このアシスタント時代の先の見えない不安と過酷な労働条件にあると言われています。労働条件が悪い、というは、給料に対して仕事の拘束時間が長い、という事が言われている様です。閉店後の練習はスタイリストデビューするためのものですから、ついつい頑張りすぎてしまう事もあるのでしょう。夜中まで練習したり指導してもらったりしても、給料がそんなに上がる訳ではないようですから、そんな生活がいつまで続くのか解らない、という状況では辞めたくなるのも解らなくは有りません。一方で一つ一つ確実に課題をクリアしていく事を楽しみながらステップアップしていくことができるアシスタントもいます。その人の置かれた美容室の状況にもよるのかもしれませんが、先輩方からも早くスタイリストに昇格する事を期待されている職場では、アシスタンとも練習に前向きになれるようです。一方で慢性的に人が足りない状況になっている美容室では、アシスタントの人にはスタイリストになることよりも、そのままアシスタントとして雑用をやってもらっていた方が都合が良い、というケースもあるようです。経営面で苦しい美容室などでは、スタイリストになった時の昇給額を支払うのが難しい、という裏の事情でなかなか昇格させない、という事も実際にはあるのかもしれません。就職 アルバイト 求人 海老名 美容室